賃貸マンションの合鍵の作成について

賃貸マンションの合鍵の作成について

賃貸マンションの合鍵の作成について 賃貸マンションの合鍵をつくりたいという場合ですが、賃貸借契約書のなかに特段の禁止規定がなければ、個人でホームセンターなどの合鍵コーナーに赴いて、マスターキーをもとにした複製をつくってもらうことは可能です。
金額的にはそれほどの負担にはなりませんので、前もって複数のキーを用意しておけば、紛失してしまったなどのいざというときにたいへん便利なものです。
ただし、賃貸マンションのなかには、防犯対策として、かなり特殊な形状をしたキーを採用しているところがあります。
こうした場合は、街なかのホームセンターのようなところでは、ぴったりと合うものがつくれない可能性がありますので、管理会社に相談をしてみるのがよいでしょう。
管理会社のほうでも、賃貸マンションのマスターキーのほかに、合鍵を複数もっているものですので、有償で提供してもらえる場合があります。
また、管理会社に在庫がなかったとしても、固有の鍵番号をもとにして、きちんとした鍵メーカーに複製を依頼してもらうことが可能です。
粗雑なつくりの合鍵であると、せっかくつくったのにもかかわらず、うまく鍵穴に入らなかったり、シリンダーを痛めてしまう原因にもなってしまうことがあります。

賃貸マンションで大切な玄関部分のセキュリティ

賃貸マンションに生活する時には、オートロックがついているところでないと嫌だという人もいるでしょう。
オートロックがついていれば、基本的に住んでいる人以外は建物の中に入っていくことができないわけですから、安心感があると言えます。
しかし、住人のふりをして住人と一緒に入っていくということもでき、住人以外の人が絶対に入れないわけではありません。
ですから、賃貸マンションに住む時には、オートロック以外のセキュリティ環境にも目を向けておくと安全度が増して生活がしやすくなるものです。
例えば、建物の内部に侵入されてしまったとしても、玄関部分のセキュリティがしっかりとしていれば、侵入されにくくなります。
玄関ドアの鍵が平凡なもので、しかも一つしかついていなければ、侵入者に狙われやすくなってしまうものですが、ディンプルキーになっていて、鍵が二箇所についていたり、こじ開け対策の鎌付デッドボルトが備わっていたりすれば、被害に遭いにくくなることでしょう。
また、玄関の脇の部屋から侵入される可能性というのもありますが、いきなり窓ガラスになっているのではなく、面格子がついていれば安全度が増して、侵入されにくくなるものです。

賃貸情報サイト

おすすめの賃貸物件案内

三軒茶屋の賃貸を探す